季節に合わせたバッグを持ちましょう

私は、季節ごとにバッグを変えています。

春は、ピンク色の革製のバッグ、夏は、透明で中のものがはっきり見えるバッグ、秋は、オレンジ色の和風テイストのバッグ、冬は、白い雪のようなバッグ、というふうに、変えているのです。

昔は、そんなことはしていませんでした。春も夏も秋も冬も、同じバッグを使っていました。しかし、さまざまなファッション雑誌を読んで、季節ごとにバッグを変えてみようかな、と思ったのです。季節ごとにファッションや靴を変えるのだから、バッグも変えていい、変えたら、いろんなバッグを楽しめる、と思ったのです。

また、バッグといっしょに、メイクも季節ごとに変えるようにしました。

春にはピンクのアイシャドウとピンクのグロス、夏は青色のアイシャドウと透明なグロス、秋はオレンジのアイシャドウとベージュの口紅、冬は黄色のアイシャドウとリップクリーム、というように、メイクまで変えてしまいました。

すると、なんだか気分にメリハリが出てきました。四季の違いを、私ひとりの人間がバッグとメイクで表現している、それってまるでアートみたい、と思ったのです。

しかし、私の職場には、毎日のように違ったバッグとメイクで通勤している人までいますが、さすがに毎日変えるだけのエネルギーは私にはありません。

そんな時は、もらったノベルティ、販促バッグもたまに使います。

いまはオシャレなバッグが結構あるんです!バッグの名入れとノベルティ。サークルや企業の名前を入れられるので、何かイベントでもあれば利用してもいいと思いますよ。